頭寒足熱。

寒いっす。多分夏風邪引きました。

……いやあ、ほら、オホーツク海高気圧ってやつですか。あれが出っ張ってきていて一気に涼しくなりましてね。お蔭で、寒 い ん じゃ よ……。

……かれこれいつ頃寒気がして鼻水が出てくしゃみしまくったのか、もうさっぱり……というのは置いといて、くしゃみ連荘鼻水止まらずこりゃやってらんねえと鼻うがいをしましたがそれでも鼻水止まらねえ……。

なんか残暑が猛暑でどうたらこうたらとか言っているし、これ以上ひでえ乱高下は突っ込まないで欲しい。マジで。

 

ところで前回のMoto・チェコ戦見ました? 初っぱなのロレンソ爆走に驚きましたよ。レインで始まったのに先頭を独走とか、本当にあのトラウマを克服しようとしているんだとある種感動しました。

それにしてもマルケスは本当に強いよなあ。特にあのタイヤ交換のタイミング、いつだったかのレースでも早めに交換してそれが優勝に繋がった事がありましたけれど、あれもあって今回すぐに交換したんだろうなあ……なんて勝手に想像したりもしましたが、私個人としては……ロッシに年間チャンピオン10回目を獲ってもらいたいなあ……とか、ペドロサ、もしくはドヴィに年間チャンピオン獲ってもらいたいなあ……などと思ってしまうのですが、まあ、次回のレースも楽しみに待っていますわ。

広告を非表示にする

左と右に分けたい衝動。

そろそろデスクトップPCを購入したい……というのか、お母さん猫と子猫四匹、在住猫が三匹プラス妹の部屋にも一匹いまして、人間三人に猫は計九匹という大所帯になるので狭い部屋を現在汚部屋として尚更狭く使っている私もそろそろ猫たちと快適に過ごすべく動かざるを得ない状況になりまして、そうなるとXPのまんまでこの数年稼働していないデスクトップPCを処分しつつ2013年に購入したノートPCもそろそろWindows10にはついて行けなくなってきていて、こうなれば部屋を片付けながら新しいPCを購入(Macは諦めました。miniが出れば購入を考えましたが今年に更新されたProはfeature creepどころか値段も高すぎて手が出ない)しようかと考えていますが(あ、部屋の片付けはマジでしなくちゃなりませんので頑張ります)、問題は……、

 キーボードだ。(真顔で)

非常にこれは重要な事でして、現在ノートPCを使っていますが、まあ、ノート独特のこのうっすい打鍵感は結構気に入っていてそれでもやっぱりデスクトップで使っていた東プレが腕にも指にもやさしく楽だったから次回もそれにしようかと思っていましたが、真面目にキーボードを打ち始めると次に来るのが肩こりの悩みだと思うのですよ。

以前、こつこつと同人小説をWeb連載していた頃、とにかくしんどくて困ったのが肩こりと腱鞘炎でした。そこで一太郎の購入先であるジャストさんが一押しな東プレのキーボードを清水の舞台から飛び降りるつもりで十数年前に買ったのですが、まあ、キーボード一つでこんなにも腱鞘炎が治るのかと当時は本当に驚きました。……が、それでも改善されなかったのが肩こりです。そうしてその肩こりを残したままノートPCを購入して痛感したのがキーボードのキーの配置でして、東プレの時も思ったのが「普段は、テンキーいらねえ!」で(東プレのキーボードにはテンキー無しもありますが、私は有りを購入)、このノートPCでもそれを感じています。

そこで考えたのがキーボード真っ二つにした方が楽なんじゃね? それなら人間工学に基づいたエルゴノミクスキーボードってのがあったな! 肩甲骨が開いて楽になるって言うし! ……ってなことでの左右に分かれたキーボードの購入を検討したのですが、これがまあ、どっさりあるようでいて使用感を読んでいると千差万別、使いやすそうなのが意外と少ないようなそんな気がする。

でも! ……そんな中でもこれ、『ErgoDox EZ』は使いやすそうだ!(東プレより値段は高いけれどな……) ……と相成ったわけですが、これ、輸入なんですよねえ……(遠い眼差し)。

詳しい事はここ→【はじめてのErgoDox EZ購入ガイド】というブログ主様が書いていらっしゃいますが、そうか、当初はバラバラなフリーなキットを3Dプリンター等々を使って自作しなければいけなかったところを、作って売ってくれるようにクラウドファンディングしたのか、それならこの値段は納得するなあ……と頷きつつ購入をポチッとなとしそうになったのですが、おおおおお、ちょっと待とうか、上にも書いたように東プレより値が張るのじゃ、オチケツ……と深呼吸を三回ほどしました。なのでまた購入には到っておりませぬ。

……ほしい打鍵カラーは決めているのですがねえ。ええ……。

広告を非表示にする

上下上下、左右はなし。

……夜明けのスキャットを背負いつつ、真夜中近くですどうもこんばんは。

いやあ、毎日子猫とお母さん猫と在住猫たちに色々と悩まされつつ過ごしていますが、妹がいるからこれはやっていけるのだとつくづく思わされています……ってかさ、四月最後近くに書いたようにお母さん猫がちっこすぎましてね、産んだまでは良かったけれどそれから二週間きっかりで死ぬか生きるかの病気になってそれからは赤ちゃん猫を育てつつお母さん猫の看病と併発する赤ちゃん猫の病気の看病とそんでもって在住猫の面倒見と、正直いつの間にか台風がやってくる八月になっていたよ!? そんでもって月遅れ盆が目の前だよ!? 私の中では一ヶ月ずれているんだよ!? まだ七月じゃなかったっけ? でも、風が何故か秋風なんだよなあ……。台風のせいかなあ……。

それにしてもいつの間にか、マジで本当にいつの間にか八月ですが(私の中では七月なんですよ……いや、本当に……)、相変わらず新参猫の挙動が怪しくなってまいりました。特に赤ちゃん猫……んにゃ、子猫ですね、子猫が宙空を目を円にして見つめる事が多くて「ああ、夏だなあ」なんて思わされるのですが、BSやCS放送のホラー映画のラインナップは相変わらずで、まあ、九割方は観た事のある映画ばかりで、そろそろネット放送に課金する時期になったのだろうかとため息つきつつ、まあ、そのー……子猫って確かにかわいいけれど、とてもかわいいけれど、凄くかわいいけれどっ! 手間がかかるんですね! 子猫を何匹も育てている飼い主さんはマジで凄えよと思いつつも、子猫四匹相手にして最近ちょっと疲労困憊かも知れません。まあ、疲労の原因は他にもあってその一つ、朝夕の気温が乱高下していまして加えて日々の最高気温すら一気に低くなったりしたりで(明日の最高気温は23度ですよ。うっそだろ……)、正直体調管理がままなりません。なんでこんなに様々なハードモードを突っ込んでくるんだ……。

 

ところでここ『はてなブログ』って、長期間書いていないと非公開になってしまうんですかね? それとも(まともに書けない)スマホアプリからだとそうみえるのですかね? 今日はPCからちまちまとこの日記を書いていますが、もしそうならまたブログ替えなきゃいけないんですかねえ。しかし設定にはそういうこと書いていないし。もしかして有料云々とかなのか。

あとで無料と有料の違いを読んでくるか。

それにしても、めんどいぞ……。

広告を非表示にする

アイ○ノンは友だち。

昼と夜の温度差が~ひーどーすーぎーるーのー。……ってか、くっそ暑すぎてやってられんわっ!(くあっ!) まず……、

  • バイクに乗れねえ(暑すぎてメッシュのライダージャケットでも頭が朦朧とする)
  • パソコンで文章打つどころじゃない(排 気 熱っ!)
  • とにかく暑くてやっていられねえ(ここ平年の気温より約8度前後高いそうですよ)

夜寝るときはアイスノン必須だし、もう、暑さめ……喧嘩売ってんのかゴルァ! ……な気分で日々を過ごしているますっつうのか、子猫がちびっこギャングでお母さん猫がな……。 はあ……。 誰か色々と助けて欲しい。なにをって、とりあえず暑さをだな……。

広告を非表示にする

ひとまずホッと。

家族になってようやく二週間と一日目のにゃんこが、無事、赤ちゃんを四匹産みました。

……ってか、これでこの月、胃がキリキリとねええ……っ!?

……ちっちゃかったんすよ、この赤ちゃんたちを産んだお母さん猫。どう見ても子猫サイズなのに、おなかがぽってりとしていて、この猫の存在を教えてくれた妹と弟に「……この子、おなかに赤ちゃんいるよね……?」と聞いても「さあ?」と返されまくったのが約一ヶ月前。

どこかの家の子かとも思ったのですが家の縁の下に住み着いちゃって、しかもマジでちっこい。続けておなかが日に日に大きくなってゆく。

「これは赤ちゃん、いるかも」と妹たちが言い始めて、私は私でこの子は本当に赤ちゃんを産めるのだろうか、小さいがゆえに難産になったりしたら帝王切開? ……などなどぐるぐる考え始めたらいてもたってもいられず、こうなったら(いるかもしれない)おなかの赤ちゃんごとうちの家族になってくれや! ……と迎え入れたその日に動物病院へ連れて行ったら先生が、

「多分、3匹か4匹……いるかなあ」

……あのー、どう見てもちっこすぎるこの猫のおなかに四匹とか、マジですか?

テンパりました。テンパりましたが、もし万が一の時は病院へ連れてくると言うことでまずはにゃんこと一緒に帰り、それから猛烈に猫の妊娠と出産を読み漁って今日に至りましたが、いやあ……杞憂で終わりましたよ。何しろぽんぽんと赤ちゃんがスムーズに産まれてきましてね、ほとんど終わるのに三時間プラスアルファでしたが、産まれる度に何から何までお母さん猫がきちんと処置をして、私は見ているだけですみました。

今はお母さん猫、たっぷりのご飯を食べて赤ちゃんをだっこしながら短時間ぐっすり寝てはまた起きて赤ちゃんの面倒を見てを繰り返していますが、お陰で私も現在ホッとしながら胃薬飲んで一息ついているところです。

お母さん猫、お疲れさまですわ。

広告を非表示にする