読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HDDが足りない。

おおおおおおお、以前に朝日テレビ日曜洋画劇場だったかな、それで観た『ゴーストシップ』をCSが放送してくれた!

これ、序盤中盤まではけっこう古典的な流れなんですが(後半も後半、最後に近づくと一気にスタイリッシュな雰囲気に!)、演出のタイミングが秀逸なんですよ。だれないし、飽きないし。まあ、「結果」を導く「原因」が多分、この映画の好き嫌いを分けそうですが(アメリカ映画って宇宙人、好きですよね。この映画の「原因」は宇宙人じゃないですが……)、私は全編にわたりこの映画が大好きだ!

近年の映画でこの『ゴーストシップ』と『キョンシー(2013年版)』のBlu-rayはマジで購入しようかと……いや、購入しますわ。久しぶりに観て本当に好きだって確信したわ……。

……んで、まあ、これらCSの好きすぎる映画やMotoとか昭和の資料映像などを録画していると~HDDの容量がカッツカツに。1TBなんですけどねえ……画像とか映像関係って本当に容量食うんだなあ……。

……ところでですね、『ゴーストシップ』は最後までホラーとして突っ走ってくれましたが、船舶物で他にお勧めするなら『トライアングル』(……検索してびっくり。どこかで放送する際につけたんだろうけれど、いらない副題つけたのは誰だ!? 『トライアングル』だけで良いじゃん!?)でしょうかね。素晴らしくモヤッと落ち込めますぜ(おい)。

あと、数回観れば感動できるけれど途中まで恐怖が募りまくって怖さで涙目になれる『ドリームキャッチャー』とかどうでしょうかね。怖さが半端じゃないけれど、途中から気が抜ける不思議な映画です。最終的に感動物へ昇華させるあたり、さすがのスティーヴン・キング原作だと思わされる映画ですわ。ああ、キングといえば『ミスト』は言わずもがなですが、あれ、監督が改変した最後がすごいからなあ……(だから思うんですよ、『ウォーキング・デッド』の最終回ってどうなるんでしょうね)。

……もう一つつけるか、HDD。今度は……裸族とか使えるかなあ。そうだと嬉しいが。いや、使えればマジで嬉しいけれど、どうなんでしょうね、東芝REGZAさん。

広告を非表示にする