左と右に分けたい衝動。

そろそろデスクトップPCを購入したい……というのか、お母さん猫と子猫四匹、在住猫が三匹プラス妹の部屋にも一匹いまして、人間三人に猫は計九匹という大所帯になるので狭い部屋を現在汚部屋として尚更狭く使っている私もそろそろ猫たちと快適に過ごすべく動かざるを得ない状況になりまして、そうなるとXPのまんまでこの数年稼働していないデスクトップPCを処分しつつ2013年に購入したノートPCもそろそろWindows10にはついて行けなくなってきていて、こうなれば部屋を片付けながら新しいPCを購入(Macは諦めました。miniが出れば購入を考えましたが今年に更新されたProはfeature creepどころか値段も高すぎて手が出ない)しようかと考えていますが(あ、部屋の片付けはマジでしなくちゃなりませんので頑張ります)、問題は……、

 キーボードだ。(真顔で)

非常にこれは重要な事でして、現在ノートPCを使っていますが、まあ、ノート独特のこのうっすい打鍵感は結構気に入っていてそれでもやっぱりデスクトップで使っていた東プレが腕にも指にもやさしく楽だったから次回もそれにしようかと思っていましたが、真面目にキーボードを打ち始めると次に来るのが肩こりの悩みだと思うのですよ。

以前、こつこつと同人小説をWeb連載していた頃、とにかくしんどくて困ったのが肩こりと腱鞘炎でした。そこで一太郎の購入先であるジャストさんが一押しな東プレのキーボードを清水の舞台から飛び降りるつもりで十数年前に買ったのですが、まあ、キーボード一つでこんなにも腱鞘炎が治るのかと当時は本当に驚きました。……が、それでも改善されなかったのが肩こりです。そうしてその肩こりを残したままノートPCを購入して痛感したのがキーボードのキーの配置でして、東プレの時も思ったのが「普段は、テンキーいらねえ!」で(東プレのキーボードにはテンキー無しもありますが、私は有りを購入)、このノートPCでもそれを感じています。

そこで考えたのがキーボード真っ二つにした方が楽なんじゃね? それなら人間工学に基づいたエルゴノミクスキーボードってのがあったな! 肩甲骨が開いて楽になるって言うし! ……ってなことでの左右に分かれたキーボードの購入を検討したのですが、これがまあ、どっさりあるようでいて使用感を読んでいると千差万別、使いやすそうなのが意外と少ないようなそんな気がする。

でも! ……そんな中でもこれ、『ErgoDox EZ』は使いやすそうだ!(東プレより値段は高いけれどな……) ……と相成ったわけですが、これ、輸入なんですよねえ……(遠い眼差し)。

詳しい事はここ→【はじめてのErgoDox EZ購入ガイド】というブログ主様が書いていらっしゃいますが、そうか、当初はバラバラなフリーなキットを3Dプリンター等々を使って自作しなければいけなかったところを、作って売ってくれるようにクラウドファンディングしたのか、それならこの値段は納得するなあ……と頷きつつ購入をポチッとなとしそうになったのですが、おおおおお、ちょっと待とうか、上にも書いたように東プレより値が張るのじゃ、オチケツ……と深呼吸を三回ほどしました。なのでまた購入には到っておりませぬ。

……ほしい打鍵カラーは決めているのですがねえ。ええ……。