猫に始まり。

今現在わしゃわしゃしている子猫たちのお母さんを家に迎え入れたのが今年の四月でしたが、子猫が生まれてからと言うもの毎日が猫猫猫で、こう……そろそろ一年が終わろうとしているのにそんな実感はなく、正直猫に始まり猫で終わろうとしているそんな一年になりそうです。

いや、もう、本当に子猫はかわいいですよ。何度も書きますが凄くかわいいですよ。で、も、かわいいとしつけは別物でして、なにが言いたいかって言うと、早よ人間の生活を理解してくれやーっ!……ってことでしょうか。この数日前からの爆弾低気圧(……これ、すげー寒いです……。あまりにも寒くて暖房利いているのかよくわからんです。まあ、自室に戻ればぬくいので利いているのは確かなのですが)も相まって、現在非常に疲労困憊でどうにでもなれな気分の私です。せっかく今年になって書き始めたブログも子猫が生まれてからと言うものほとんど更新できていないし、だからといってパッと書けるTwitterを再開しようかと心が揺らぎますが、全然メリットが今のところみえないのでやめているという現状です。

 

とっころで、一太郎ユーザーの方は今年の……んにゃ、2018年版の一太郎の購入はどう考えていますか。辞書が好きな私には広辞苑がとても魅力的に映ったのですが、正直今回は久々の延期にしようかと考えています。

ATOKがねえ……。ディープラーニングとかAIにこだわるのは分かるのですが、ATOKのみ買い換えている方は買い切り版じゃなくなって「ええっ!?」……となっているのではないでしょうか。

一太郎に付属してくるATOKもそこらへんよく分からなくて(Web使うのなら12ヶ月がどうのこうのと書いているけれど、プロ版とか普通版とかの内容わけが有るのかどうなのか読んでいてよく分からない……っつうか、読み落としているだけかもしれないけれどとにかく……ねえ……)来年版は見送りにして当分は静観していようと思っていますが、まあ、あれです、最近はATOK以外でも変換は良くなってきているなあと実感していますし(でも、ATOKの変換する際に言葉の意味を辞書引きできる機能はとても棄てがたい)、なによりもあの「Scrivener 3」がWindows版で出るんですってよ奥さん!

……そうなると、えー……小説をScrivener 3で書いて校正などをJust Right!でやるって手が有るなあとか考え始めちゃいます。

それ以前にお前、小説書いているの? ……と言う問いには五分の一イエスとしか答えられません。……猫がですね(遠い眼差し)。加えて親戚がですね……(遙かに遠い眼差し……)。

はあああああああ……。