遠いかもしれない道のり。

どうも、毎度ながらにゃんこ達の横暴に耐えながら(以下略

 

……今年こそは、今年こそはと毎年私が掲げている予定は未定な目標の一つに「今年こそは新しいPCを買うんだ!」……ってえのがありますが、パソに詳しくないエンドユーザーな私でもこれはちょっとまずいんではないかい?……とせめての今年……今年だけで済めばいいけれど、兎に角すぐには購入をためらうような欠陥が見つかったようですねえ……。

インテルのチップだけの問題だけかと思いきや、それに関してのニュースを立て続けに読んでみると実際はかなり深刻な内容のようで……ううむ。WindowsのアップデートにとどまらずそれどころかMacLinuxまで巻き込んでの根本的な解決に至るまで時間がかかるっつうか、CPU載っけてるマザーボードどころかデバイスのアップデートもしなくちゃならんようだし、かと言って2013年製のパソのデバイス単位にアップデートは有るのか!?

……マザボはあっても、デバイスはないだろうなあ……(遠い眼差し)

 

私のノートパソは初め、Windows8だったのですが、8.1→10へと変わりまして流石にちょっとハードが追いつかなくなってきたかな? と、思っていた矢先にまさかのこれとは。今回のWindowsアップデートでのベンチマークを出してくれているサイトは遡っても2014年までのもので、その2014年でさえ20パーセント近く遅くなると書かれてりゃ、私の2013年Dell製ノートパソはどうなるんだっ!?……と、ここ数日怖くて開けられない状況なのですが、いずれアップデートはせにゃならんし……ジレンマだ。

Dellが2in1の楽しそうなパソを発表したじゃないですか。15インチの絵を描ける、ゲームもできる(だが私が現在パソでゲームをするならば、Terrariaくらいだ……)パソですが、それが出たら即購入しようと今回は意気込んでいたのですが……ああ、これからどうなるんでしょうかね、この問題。